札書き神事(12月13日)

年の初めにあたって、村に通じる道に立てる魔よけ札を書く神事で、海に向かって三合松と呼ぶ棟の立った松で倗を組み、12ヶ月を表す数の12個の貽貝の器に供え物をして五人年寄りのうちの二人が魔よけ文句を墨書きし、村の辻に立てます。

 

 

こうした風習は平安時代からの古い慣わしで民俗学的にも注目されています。

村を散策しながら魔よけ札を探してみるのも一興です。

 

戻る